LIONS QUEST
ライフスキル教育プログラム


心理社会的能力


人生で成功するために必要な能力とは何か

「人生での成功」と「心理社会的能力」

ライオンズクエストが考える人生での成功とは、お金持ちになることや有名になることではありません。持てる能力を精一杯発揮して、自分らしい生活を作り上げること、目標を立てそれに向かって取り組むこと、そして社会の一員として他者のために貢献することなどの行動を通して得られる「生活の質」や、他者からの信頼などが成功の重要な要素です。

では、このような成功を手に入れるためには、どのような能力が必要でしょうか。その鍵となるのは、自分の感情や行動をコントロールする力、他者と良い関係を結ぶ力など、ライフスキルを支えている「心理社会的能力」と呼ばれる力です。

学齢期にはテストで評価されるような「学力」に注目が集まりますが、社会に出るとそれ以上に「心理社会的能力」が力を発揮します。なぜなら、さまざまな課題を乗り越え、充実した生活を創り上げるには「学力」だけでは不十分であり、また社会が求めるのは「学力」だけが高い人ではないからです。

「学力」も高める「心理社会的能力」

ライオンズクエストプログラムのような教育学、心理学、行動科学などの研究成果にもとづいた学習プログラムは、「心理社会的能力」だけではなく、「学力」も向上させることが証明されています。

  1. ライフスキルの学習を通して培われる、安心、安全な学習環境と、互いに支え合い、高め合い、そして思いやりのある学習集団の中では、子どもたちの学校や学級への愛着心や仲間意識が育ち、問題行動が減少し、学習意欲が高まります。
  2. 子どもたちに幅広い心理社会的能力を身につけさせることにより、見通しを持って行動する力や、問題解決能力、意思定能力が高まり、それが生活の安定や好ましい発達を促し、学習意欲を喚起します。


ライオンズクエストプログラムは、2002年「学力」と「心理社会的能力」の両者を包括的に高めるための研究機関であるCASEL(The Collaborative for Academic, Social and Emotional Learning)から、最も高い評価である「CASEL SELECT」に認定されました。

「予防教育」としての「心理社会的能力」の学習

子どもたちがそれぞれの発達段階で出会う可能性のある問題を予測し、それらに対する具体的な対処の仕方を学ぶライフスキル教育は、「心理社会的能力」の学習プログラムであると同時に優れた予防教育と位置づけられています。それは、子どもたち自身がこれから出会う問題を予め理解し、健康的で生産的な行動を選択するスキルと、不健康でネガティブな行動を拒否するスキルの両方を学び、問題を受け止め、それを解決するための行動力を身につけるからです。そして、この行動力は、単に問題行動、危険行動を避けるだけではなく、前向きな活動を生み出す原動力になり、自信や学習意欲の高まりにつながります。

好ましい価値観と行動する力

他者尊重、責任感、正直、公正、博愛、礼儀、勇気、そして親切などの価値観を持つ子どもを育てることは、学校教育、家庭教育の大きな目標の一つです。しかし、子どもたちがそれらの価値を知識として理解するだけで、生活の中でそれに基づいた行動が出来なければ、教育の意味がありません。

「心理社会的能力」は行動するための力です。身につけた知識を元に、倫理観、責任感、そして他者に対する敬意を持って行動し、薬物使用や暴力を拒否し、よりよい人間関係の構築に力を発揮します。

誰かのために、社会のために行動する力

ライオンズクエストプログラムには「サービスラーニング」というユニークな学習領域があります。サービスとは人に対して何かをすることで、サービスラーニングとは他者のために、社会のために進んで自分の力を提供し、積極的な社会参画を図るための学習です。

子どもたちは学校で学んだ知識やスキルを駆使し、学校と地域のリアルなニーズに応える活動を体験します。そして、プロジェクトを計画し、実行し、ふり返るプロセスに主体的に参加することにより、自己認識、自己管理、社会認識、対人関係、そして責任ある意思決定などの「心理社会的能力」をより確かなものにします。

サービスラーニングは、現実の社会で「心理社会的能力」を使い、社会の一員として積極的に行動するための、極めて効果的な練習です。

協力を通した学習と、学校を中心とした協力の輪

よい学級の雰囲気と、その中で子どもたちが互いに協力しながら進めるライフスキルの学習、そして保護者や地域の人々のサポートや学習への積極的な参加という協力は、ライオンズクエストプログラムの神髄であり、「心理社会的能力」の学習効果を最大限に引き出す要因です。このような協力の輪が広がることによって、一人ひとりの子どもたちの能力だけではなく、学級や学校という集団として能力が高まります。

子どもたちの成長、学校の変化

ライオンズクエストプログラムは「心理社会的能力」の学習プログラムであると同時に、学校改革を推進するためのプログラムです。学校の先生、保護者という子どもたちにとって最も身近な“先生”、そして子どもたちの生き方モデルとなる地域の“先生”たちが、学校を場として教育の輪、協力の輪を作り、子どもたちの「心理社会的能力」と真の学力の向上をめざします。

プログラムの実施は、単に良い成績や高いテストの点数だけに焦点を当てるのではなく、健康、人格、そして社会の一員としての責任のすべてを教育の対象とする学校への改革のプロセスです。

pagetop