LIONS QUEST
ライフスキル教育プログラム


家庭での活用:家族で「聞き上手」を実践

家庭で実践!効果を実感!

JIYD事務局


先日、東京都府中市内の小学校PTAでセミナーを実施しました。テーマは「家庭で身につけるライフスキル」。その小学校の保護者(小学校3年生と2年生のお母さん)でもあり、JIYDスタッフでもある方が、セミナーで学んだことを家庭ですぐに実践!効果を実感!

セミナーでは、お母様方に「上手に話を聞く方法」を練習していただきました。どんな行動が聞き上手なのか説明をうけた後、2人組になり、話し役と聞き役になって1分ずつ交代で上手に聞く方法を実際に練習。最後に講師から、「一日まずは1分、お子さんの話を聞き上手になってきいてあげてくださいね」との話がありました。そして、保護者兼スタッフは早速、ご主人も一緒に家庭で実践!その内容をご紹介します。


家族みんなで「聞き上手」

img_0840 セミナーに参加して、家庭でも使ってみよう!と思い、早速、「親子全員1分間ずつ交代で今日の出来事や思ったことを話し、聞き上手になって聴く」という実践をはじめました。

もっと話したい!

img_0814 2人の子どもは、はじめは「1分なんて長くていやだー!」と言っていたのに、聞く側の3人が目を見て、楽しそうにうなづき、ちゃんと聞いてから質問したり感想を述べたりしていたら、「もっと話したい!1分じゃ短いから2分にしよう!」と言うようになりました。特に、最近反抗的で、学校のこともあまり話してくれなかった長女(小3)が、「もっと話したい!」と言ってくれました。今まで話してくれなかったのは、母親である私の聴き方にも問題があったのかと気づき、反省しました。

また、長女は、話すことが得意ではなく、それを最近自分でも自覚しているようで、「私は聞く方の練習だけじゃなくて、話す方も練習したいから毎日続けたい!」とも言っています。

使ってみて、効果を実感

img_0892 ライフスキルってすごい!と実践して一日で感じました。家に帰ってさっそく実践できたのは、セミナーの時に実際に練習したからだと思います。ただ講師の話を聞くだけのセミナーだと、実践に至らなかったかもしれません。家庭で実践してみると、とてもいいプログラムだと改めて実感でき、親子関係にもあっという間にいい効果が表れ、もっと学んでもっと実践したい!と思いました。
この記事のPDFをこちらからダウンロードできます
pagetop