LIONS QUEST
ライフスキル教育プログラム


教材の紹介 小学生版


material_ele_1



<理念・考え方>
 家庭と学校が手を結び、子どもたちを育てる

<4つのテーマ>
 自己規律・責任感・意思決定・他者の尊重

<主な対象>
 小学校1~5年生


特 徴

その1 楽しく身につく!
遊びや創作、そしてグループ活動などを通して、先生とクラスの仲間で楽しくライフスキルを学び、生活の中で実践できるよう練習します。
その2 基礎から学べる!
子どもの時の健康習慣が、生涯にわたる健康の基礎になるように、感受性が豊かな小学生の時期に、身近な問題をテーマとして基礎からライフスキルを学ぶことは、思春期、青年期、さらに大人になったときの自己肯定感や自己効力感、他者への共感や仲間への信頼感を育てる上でとても効果的です。
その3 家庭と学校を結ぶワークブック!
子どもにとって親は人生最初の先生、この考えのもとに小学生版には家庭と学校を結ぶ25冊のワークブックが用意されています。これを使って、保護者は子ども一緒にライフスキルについて考え、家庭で実践すること出来ます。また、子育ての参考になるヒントが多数紹介されています。
その4 さまざまな教科で活用できる!
ライフスキルの学習は教科の学習と連携することで、どちらにも良い影響を与えます。例えば、カード作りを図工で行う、音楽でゲームをする、国語で習う物語の主人公の行動について考える、仲間や兄弟姉妹の身長や年齢を算数で足し算するなど、活用方法は多様です。ライフスキルで学んだグループ活動や役割分担の仕方は即教科の指導で役立ちます。

material_1 white_circle material_2



授業内容

各学年の以下6つのカテゴリを全て収録しています。

単元1 みんなはこのがっこうのなかまだよ
子どもにとって居心地がよく自分が大事にされていると感じられる学級、そして学校を作る手助けをし、子どもは学校において自分が価値ある存在であることを知ります。
単元2 なかまとともにおおきくなろう
人と協力するためのスキル、コミュニケーションをとる方法、すなわち人の話を聴く、応える、対立を解消する、そして人と協調するスキルを練習します。
単元3 正しい「けってい」をする力を育てる
判断することの影響力をみつめ、正しい判断をするための思考プロセスを学び、悪い選択肢に「ノー」と言う方法を練習します。
単元4 やくぶつにかかわらないで大きくなろう
タバコ、アルコール、その他の薬物が青少年の心と体に与える影響、さらに圧力や影響に対処する方法について学びます。
単元5 あなたとわたしをたたえよう
子どもたちは互いの能力、スキルやクラスへの貢献をたたえ、一人一人個性があり特別で、人から尊重される価値があることを学び、一年間支援してくれた人への感謝を表現します。

G2U1-4 white_circle material_3


セット内容

material_6

● 各学年の教材(単元1~5+サービスラーニングを収録)
● 各学年各単元に対応したワークシート集
● CD-ROM(全学年全単元のワークシート全ページを収録)
● 概要書
● 保護者会運営手引書(小学生版)

のぞいてみよう

pagetop